黄酒入門

黄酒とは?中国最古の醸造酒を現役中華料理店員がわかりやすく解説!

黄酒(ファンジョウ)とは?

干杯!donです。

今回は、九で紹介している「黄酒」がどんなお酒なのかをわかりやすくまとめます。

日本では聞きなれないジャンルでもある、黄酒。

最初にひと言でどんなお酒なのかを簡単に言うと、黄酒(ファンジョウ)とは穀物を原料とした中国最古の醸造酒です。

黄酒は広大な中国において、さまざまなエリアで造られています。

ここでは、黄酒の概要と各地域の特徴や代表銘柄などを解説していきます。

don
don
世界的にも有名な紹興酒は黄酒の一種!私たちにとっても意外と身近なお酒なのです。

執筆者紹介 don

中華業界歴10年。黄酒専門店初代仙長。紹興酒や地方黄酒酒蔵へ現地訪問したり、中国から紹興酒関連の書籍を取り寄せて情報を収集。現在はWEBやYouTubeなどで中国酒情報を発信中。代々木上原「Matsushima」に在籍。

黄酒とはどんなお酒なのか?

黄酒(ファンジョウ)とは?

黄酒とは、穀物を原料とした中国最古の醸造酒です。その歴史は7000年とも9000年とも言われています。

製法は日本酒と共通点が多く、並行複発酵で作られるお酒です。

黄酒は中国各地で製造されていますが、基本的に地元で親しまれていることが多く、日本国内にあまり流通していません。

しかし、黄酒は他ジャンルの酒と比べても味や色、香りがバリエーション豊かで非常に面白い酒です。

don
don
飲み比べすると違いが明確にわかります!

黄酒の個性は銘柄ごとになぜ際立っているのか?

その理由のひとつは、原料にあります。

黄酒の原料を紹介!

黄酒の原料を紹介!

黄酒の原料は産地や銘柄によってさまざまですが、主に穀物・水・曲です。

穀物とは具体的には主に米・麦・黍(きび)などです。よく使われる原料は、糯米ですが、何を用いるかはエリアによって大きな傾向が見られます。改めて解説しますが、各エリアの中でもさらにメーカーによっての違いもあります。

日本酒やワインなど他の醸造酒は主原料が限定的なのに比べて、黄酒は「穀物」と幅広い枠組みなのも特徴のひとつと言えます。

また、曲(きょく)とは、菌を繁殖させた糖化発酵剤です。日本酒でいう麹と同じような役割を果たし、曲が無ければ黄酒を造ることはできないという非常に重要な原料です。

黄酒の造り方※紹興酒を例にして紹介

黄酒の造り方※紹興酒を例にして紹介

黄酒は日本酒と同じ並行複発酵で造られる醸造酒です。産地や種類によって違いはありますが、黄酒で最も有名な紹興酒を例に挙げて紹介すると、下記の通りです。

紹興酒の製造工程

紹興酒について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

https://ba-hachi.com/mame_10/

紹興酒専門ブログ「八」のHP画面

3つのエリアに分類!黄酒の特徴を解説

3つのエリアに分類!黄酒の特徴を解説

黄酒は特徴によって大きく3つのエリアに分類することができます。

don
don
過去の文献や日本に流通している黄酒から考えられた日本独自の定義です。黄酒はまだまだ未知の酒でもあるので、今後情報が揃って行く中で変わっていくかもしれません。あくまでご参考程度にご覧ください。

北方派(ほっぽうは)

山東省や陝西省など中国北部エリアの一部で、黄酒が造られています。

北方黄酒の特徴は個性的な黄酒が多いということ。その理由は、黍米(キビ)や黒米を使用するなど主原料がさまざま異なるためです。

don
don
北方派は、黄酒の面白さを感じられるエリアですね!

北方派黄酒の特徴

  • 産地:山東省、内蒙古、陝西省など
  • 原料:黍や黒米などさまざま
  • 味わい:独特で紹興酒とは一線を画す
  • 代表銘柄:即墨老酒(ジーモウラオジョウ)

代表銘柄である即墨老酒とは、黍を大鍋でドロドロになるまで炒め煮込み、その焙煎の香りがお酒の味わいとしてダイレクトに表れる唯一無二な黄酒。

山東省青島の黄酒「即墨老酒(ジーモーラオジョウ)」
即墨老酒10年焦香型 / 500ml / 11.5度 / 山東省青島
created by Rinker

江南派(こうなんは)

浙江省や上海周辺エリアは最も黄酒が造られている名産地域です。

代表的な黄酒「紹興酒」と同様に、糯米を麦曲で醸していく製法が主流です。

don
don
紹興酒が好きな方はこの周辺の黄酒をおすすめします!

江南派黄酒の特徴

  • 産地:浙江省、上海、江蘇省など
  • 原料:糯米・麦曲が主流
  • 味わい:紹興酒系の風味が多い
  • 代表銘柄:古越龍山、石庫門

紹興酒最大手の古越龍山(こえつりゅうざん)は、日本でも数多く流通している業界のリーディングカンパニー。

もう一つ挙げた「石庫門(シークーメン)」は、上海で唯一の黄酒メーカー「上海金枫酒股份有限公司」の代表ブランド。紹興酒のような味わいもありながら、軽やかで紅茶のようなフローラル感が個性を感じさせてくれます。

上海の黄酒「石庫門(シークーメン)」

南方派(なんぽうは)

福建省や広東など、中国沿岸部南方にも盛んに黄酒を製造しているエリアがあります。

福建省の「沉缸酒(チェンガンジョウ)」は、全国評酒会で3度金賞を受賞し、「黄酒之冠」と評された実績ナンバーワンの黄酒です。

南方の黄酒は糯米を使用しながら紅曲を中心としてさまざまな麹を使用するのが特徴。温暖な気候の中、腐敗を防ぐために糖度を高める傾向があり、甘口タイプの黄酒が多く存在しています。

don
don
「飲みやすい!」と評判の黄酒が多いエリアです。

南方派黄酒の特徴

  • 産地:福建省、広東省など
  • 原料:糯米・麦曲が主流
  • 味わい:濃醇で甘口タイプが多い
  • 代表銘柄:沉缸酒

沉缸酒(チェンガン)は、紅曲と、漢方をいくつも混ぜ合わせて作られた「薬曲」を使用し、まろやかで優しい甘味と、鼻を抜けていく独特な後味が特徴。

※下の「おすすめ銘柄」でも紹介しております。

黄酒入門!おすすめ銘柄3選

さて最後に、初めての黄酒におすすめな銘柄を3つ選びました。ご参考になれば幸いです。

don
don
黄酒品揃えナンバーワンの中華料理店勤務や元黄酒専門店責任者の経験をもとに厳選しました!

北方黄酒 | 黒米(ヘイミー)

北方黄酒 | 黒米(ヘイミー)

中国北方にある黄酒名産地「陝西省洋県」。国家が保護する自然特区で育まれた一級品の黒米を使用した軽やかな風味が特徴の黄酒です。

don
don
ポリフェノール豊富な黒米の爽やかな風味が飲みやすいと好評です!
  • 原料:黒米,麦麹
  • 度数:12度
  • 型:半干型
  • 産地:陝西省洋県

江南黄酒 | 東湖12年(ドンフー)

江南黄酒 | 東湖12年(ドンフー)

東湖は紹興市にある湖の名称で、その名を冠した紹興酒です。

東湖は、他の紹興酒とは明らかに異なる風味を持っています。ふわっと香るの果実香。爽やかで熟したような柑橘系。飲んでも軽やかで酸・甘・旨のバランスが絶妙!

don
don
自分の中の紹興酒ランキングベスト3に入ります!
  • 原料:糯米,麦麹
  • 度数:14度
  • 型:半干型
  • 産地:浙江省紹興市

南方黄酒 | 缸缸好(ガンガンハオ)

南方黄酒 | 缸缸好(ガンガンハオ)

上で紹介した沉缸酒(チェンガンジョウ)の現代版タイプ。すっきりと飲みやすく改良されており、日本人にも親しみやすい丸みな味わいのする黄酒です。

don
don
中国酒の卸営業をしていた頃、各店舗のスタッフさんに好きな黄酒アンケートを取っていましたが、堂々の1位でした!
  • 原料:糯米,麦麹
  • 度数:14度
  • 型:半干型
  • 産地:浙江省紹興市

まとめ

黄酒がどのようなお酒なのか、おわかりいただけたでしょうか?

黄酒は輸入している会社が1社しかなく、日本に流通している銘柄はかなり限られます。飲み方や楽しみ方、ペアリングなどまだまだ未開拓の分野なのでポテンシャルがあり、今後が楽しみなお酒といえます。

don
don
どんどん深堀していきたいですね!

疑問点や「こんな黄酒見つけました!」などあればいつでも気軽にご連絡ください!